巻取

書いてる内容があってるかはしりません

【Jenkins】コンテナにJenkinsをインストールしたい

 公式手順がよくわからないので。CentOSコンテナへのJenkinsインストール手順。


 依存先であるjavaランタイムをインストールする
 JenkinsはJavaが必要なので先に入れておけとのこと(Javaがないと起動できない)らしいので、よくわからないけど、Javaのなんかしらを入れる。
 バージョンを調べるため、yum serach javajava関連のパッケージ一覧を出し、openjdkと書いてあるものうち、良さそうなものを選んでバージョンを選んで番号を控えておく。今回は1.8.0にする。なんで1.8と11の二択になるのかなと思うけど、javaありさえすれば多分何でもいいと思う。

[container /]# yum search java
#java-1.8.0-openjdk.x86_64 : OpenJDK 8 Runtime Environment
#java-1.8.0-openjdk-accessibility.x86_64 : OpenJDK 8 accessibility connector
#java-1.8.0-openjdk-demo.x86_64 : OpenJDK 8 Demos
#java-1.8.0-openjdk-devel.x86_64 : OpenJDK 8 Development Environment
#java-1.8.0-openjdk-headless.x86_64 : OpenJDK 8 Headless Runtime Environment
#java-1.8.0-openjdk-javadoc.noarch : OpenJDK 8 API documentation
#java-1.8.0-openjdk-javadoc-zip.noarch : OpenJDK 8 API documentation compressed #in a single archive
#java-1.8.0-openjdk-src.x86_64 : OpenJDK 8 Source Bundle
#java-11-openjdk.x86_64 : OpenJDK 11 Runtime Environment
#java-11-openjdk-demo.x86_64 : OpenJDK 11 Demos
#java-11-openjdk-devel.x86_64 : OpenJDK 11 Development Environment
#java-11-openjdk-headless.x86_64 : OpenJDK 11 Headless Runtime Environment
#java-11-openjdk-javadoc.x86_64 : OpenJDK 11 API documentation
#java-11-openjdk-javadoc-zip.x86_64 : OpenJDK 11 API documentation compressed in#a single archive
#java-11-openjdk-jmods.x86_64 : JMods for OpenJDK 11
#java-11-openjdk-src.x86_64 : OpenJDK 11 Source Bundle
#3java-11-openjdk-static-libs.x86_64 : OpenJDK 11 libraries for static linking
[container /]# yum install java-1.8.0-openjdk
#Complete!

 Jenkinsインストールは、リポジトリのコピー・認証鍵作成(いるのかな?)・インストールの順で実施できる。

#リポジトリのコピー
[container /]# curl -o /etc/yum.repos.d/jenkins.repo https://pkg.jenkins.io/redhat-stable/jenkins.repo

#認証鍵のコピー
[container /]# rpm --import https://pkg.jenkins.io/redhat-stable/jenkins.io.key

#インストール
[container /]# yum -y install jenkins
#Complete!

#自動起動の有効かおよびサービス起動
[container /]# systemctl enable jenkins
[container /]# systemctl start jenkins

 リッスンポートの変更
 Jenkinsはデフォルトで8080ポートを使用しているので、必要に応じてこれを変更する(この環境では、Docker母機の8083番からコンテナの80番へポートフォワーディングしているため、リッスンポートを80番へ変更)
 ちなみにHTTPS PORT云々という設定項目を構うと死ぬので、HTTPS化しないなら注意。するなら証明書をつくったりいろいろ追加手順があるらしい。知らないけど

[container /]# cat /etc/sysconfig/jenkins | grep 8080
## Default:     8080
JENKINS_PORT="8080" #←デフォルトで8080ポートになっているのでこれを変更

[container /]# # systemctl reload jenkins

 ここまできたら、WebGUIへ移動する。母機のIP+ポート番号でアクセスすると、Jenkinsの
(ちなみにここで「アクセスが拒否されました」と出て、かつFWやiptableに何の問題もないときは、Jenkinsの再インストールで解決する。理由は謎)

f:id:makitoriel:20210504160801p:plain


 初期パスワードは下記のファイルに書いてある。

[container /]# cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword


 この先は、案内に従って適当にいれていけばOK! Jenkins is readyが出れば、使用可能になる。