巻取

書いてる内容があってるかはしりません

【Ansible】コンテナにAnsibleをインストールしたい

 CentOSコンテナにAnsibleをインストールする手順。公式手順だと早々に詰むので(最初のyum installで終わる)、dnfを使ってインストールを行う。


(※)こんなかんじで即詰みする

[root@container /]# yum install ansible
#No match for argument: ansible


 DNFインストールの手順では、EPELリポジトリからインストールするらしい。EPELとはなにかは公式呼んでもよく分からないけれど、雰囲気的には、yumコマンドがパッケージを取りに行く先と似たものが、yum用のものとは別個に存在していて、そこからAnsibleのパッケージを持ってくる……というような感じらしい。
 かつ、DockerHubで配っていたCentOSイメージから作ったコンテナなら、extrasリポジトリにepelのパッケージがあるので、それを読み出すだけでOK。詳しいことはこちらを参照。環境違いの場合のEPELコマンドもここに書いてある。

[root@container /]# dnf install -y epel-release
#Complete!
[root@container /]# dnf install -y ansible
#Complete!

 できたら、Opensshも入れておく。使うかよく分からないけれど、Ansibleと常にセットになっているのできっと使う。ターゲットに接続するときにSSHを使っているのだと思う。たぶん。

[root@container /]# yum install openssh-server
[root@container /]# yum install openssh-clients
#(※)当然ながら、コンテナ内からはGCPのメタデータは見れないので、
#ここから&ここにSSHをつなぎたい場合は手動で鍵を設置する必要がある。

 あとは、Ansbileで使ういつものディレクトリ構造をどっかにつくれば、いつでもAnsibleを叩ける状態になる。